クレジットカード以外の支払い方法とは?【デビットカード編】

 

カリビアンコムの支払い方法は「クレジットカード決済のみのお取り扱い」をなっていますよね。

決済方法の画像

 

男性①
クレカがないと入会できないのか~
男性②
クレカ以外の支払い方法が知りたい!
男性③
アダルトサイトにクレカを使いくないな~
上記のような悩みや疑問を抱えている方がいらっしゃると思いますが、安心して下さい。
先に結論から申し上げるとクレジットカード以外でも入会する方法は存在します!
この記事ではクレジットカード以外の支払い方法として【デビットカード編】として徹底解説しております。
先ほどの悩みや疑問を抱えている方はぜひ参考にして下さい。
最後にはカリビアンコムでのお支払いにオススメなデビットカード3選をお伝えします。

デビットカードとは?

 

デビットカードはひと言で言うと即時払いのカードをいうことです。

 

カード利用時には即時決済され、登録している銀行口座から購入した分の金額がすぐに引き落としされます。

 

デビットカードには、JCBやVISAといった国際ブランドと提携したデビットカードと日本独自のJ-Debitという銀行キャッシュカードに付帯するサービスに利用するものの2種類があります。

 

ここで注意点として、カリビアンコムの支払い方法として利用可能なデビットカードは「VISA」「Master Card」「JCB」つの国際ブランドしか利用できないということです。

 

カリビアンコムは、日本人向けのサイトではありますが運用会社がアメリカにあることで海外サイトという位置づけになっています。

 

なので、海外でのお支払いに対応している3つの国際ブランドは使用可能ですが日本独自のデビットカードのJ-Debitは利用不可なのでご注意ください。

 

クレカとデビットカードの違い

 

クレカとデビットカードの違いについて下記の表にまとめました。

 

※横スクロール可能です

デビットカード クレジットカード
支払い方式 即時払い 後払い
支払い方法 1回払いのみ 1回・リボ・ボーナス払い等
限度額 口座残高の範囲内 利用限度額の範囲内
審査の有無 なし(原則) あり
ポイント還元率 低還元 高還元
申し込み可能年齢 15歳以上 18歳以上
年会費 不要がほとんど 要(1部不要カードもあり)

 

 

 

デビットカードで支払うメリット

 

カリビアンコムの支払い方法として使用することを前提として、デビットカードのメリットについて解説していきます。

 

カリビアンコムを利用する方によってはメリットがデメリットに感じる部分もありますが、予めご了承ください。

 

メリットについては以下の流れで解説していきます。

  1. 無駄遣いを減らせる
  2. 審査がない
  3. セキュリティ面で安心

 

メリット① 無駄遣いを減らせる

 

デビットカードは、登録している口座から即時引き落としの方式となっていますよね。

 

登録している口座の残高以上は使うことができないので無駄遣いを減らすことができます。

 

仮にカリビアンコムを1ヶ月だけ、3ヶ月だけなど期限を決めて利用する方にとてもおすすめです。

 

なぜかというとカリビアンコムの課金方式が自動継続更新となっていまして、退会手続きを取らない限りは課金が継続してしまします。

 

うっかり退会手続きを忘れる心配がある方にはデビットカードを利用したほうが無駄遣いを減らせますね。

 

ですが反対にカリビアンコムを長く利用する予定の方にはデメリットに感じるかもしれませんね。

 

登録している口座の残高以上は使うことができないので残高不足でカリビアンコムの利用を停止される可能性があります。

 

カリビアンコムには月間プランと年間プランの2つの料金プランがあるのですが、長く利用する方は圧倒的に年間プランの方がオススメです。

 

もし年間プランに加入してもデビットカードで年間プランの料金分を支払えば1年間は口座の残高を気にすることもないですね!

 

関連記事

カリビアンコムには、「月間プラン」と「年間プラン」の2つの料金プランが用意されていますよね。 この記事では、2つの料金プランについて分かりやすく徹底して解説しています。   男性① 料金以外に違[…]

記事のアイキャッチ画像

 

 

 

メリット② 原則審査がない

 

デビットカードは原則として、15歳以上であれば審査なしで発行することができます。

 

※カリビアンコムは18歳以上が対象のサイトなので18歳以上になってからカリビアンコムを利用して下さい。

 

15歳以上で銀行口座さえもっていれば誰でもデビットカードを発行することが可能です。

 

 

メリット③ セキュリティ面で安心

 

デビットカードは、もし不正利用されたとしても口座の残高分しか利用できないカードなので口座の残高以上の被害が出ることはありません。

 

クレジットカード不正利用されると、カード限度額まで不正利用され被害額でいえば数十万の高額な被害にある可能性があります。

 

クレジットカードもデビットカードも不正利用の保証・返金などは原則補償されますが、被害は最小限に収めたいですよね。

 

ですがクレジットカードと比べると補償額の上限が低く設定されたいて、カードによって補償は異なるので予め利用するデビットカードの補償については把握しておいた方がいいでしょう!

 

カリビアンコムの決済会社運用会社について下の記事で詳しく解説しているのでセキュリティ面で気になる方はぜひ参考にして下さい。

関連記事

こちら記事に訪問してくださった方は、カリビアンコムに入会を検討しているのだけどいまいちカリビアンコムの安全性について不安を抱えている方たちだと思います。   有料無修正アダルトサイトといえばカリビアンコムや一本道などが[…]

記事のアイキャッチ画像

 

 

 

デビットカードで支払うデメリット

 

メリットもあれば勿論デメリットもありますよね。

 

この項目ではプリペイドカードで支払うことのデメリットについて解説しています。

 

デメリットを把握しておくことでデビットカードで支払う時のトラブルを未然に防ぎましょう!

 

デメリットについては以下の流れで解説していきます。

  1. 海外事務所手数料
  2. 残高不足だと決済できない
  3. ポイント還元率が低い

 

 

 

デメリット① 海外事務手数料

 

海外事務手数料とは、デビットカードを海外で利用する際にかかる手数料のことを指します。

 

利用する額に応じて約1.6~3.0%の手数料が上乗せとなります。

 

カリビアンコムの決済会社は海外にあるのでどうしてもこの海外事務手数料がかかってしまいます。

 

デビットカードを支払い方法として使う場合、利用料金+海外事務手数料も加味して口座にお金を入れておく必要がありますね。

 

これでよく残高不足でカリビアンコムの利用が停止になるまたは、決済不可となるのでご注意ください。

 

デビットカードによって海外事務手数料のパーセンテージは異なるのですが、具体例をみてどのくらい海外事務手数料がかかるのか見てみましょう!

 

例⁚月間プランの場合 1ドル=100円、海外事務手数料を3%とする

 

4,400円+132円=4,532円

 

例⁚年間プランの場合 1ドル=100円、海外事務手数料を3%とする

 

44,000円+1,320円=45,320円

 

だいだいですが、このような感じですね!

 

デビットカードをお支払い方法として利用する方は海外事務手数料を忘れずに口座の残高に注意してください!

 

 

 

デメリット② 残高不足だと決済できない

 

先ほどメリットでもお話しましたがカリビアンコムを期限を決めて利用する方にはメリットになりますが、長く利用する方にとってはデメリットになります。

 

原則として、会員期間の更新日に決済が行われます。

 

カリビアンコムの会員期間の更新日によって金額が異なるので入会時に計算していた金額を上回り残高不足でカリビアンコムが利用停止される可能性があります。

 

対策法はいくつありますが、1番の対策法は口座のお金を少し多めに入れておくことでしょう!

 

 

 

デメリット③ ポイント還元率が低い

 

やはりクレジットカードと比べると、ポイント還元率が低く設定されています。

 

低く設定されている理由はデビットカードが1回払いのみの支払い方式なので、クレジットカードと違いリボ払いや分割払いでの金利がないので手数料による収入が得られないので顧客に還元しにくいからでしょう。

 

デビットカードの還元率は高くても1%、クレジットカードは低くても1%以上はあります。

 

ポイントの還元率だけ見ると、カリビアンコムを長く利用するならクレジットカードの方がポイントが貯まるのでお得ですね。

 

 

オススメのデビットカード3選!

 

オススメのデビットカードを比較検証する上で以下の3点について行いました。

 

・発行しやすさ
・還元率の高さ
・不正利用補償額

第1位 楽天銀行デビットカード

楽天のデビットカードの画像

常時還元率1%の高還元。

年会費 無料
貯まるポイント 楽天ポイント
発行条件 16歳以上
銀行名 楽天銀行
還元率 1.00%
国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
海外事務手数料 3.08%
不正利用補償額 100万円

 

・デビットカードをJCB、VISA、Mastercardの3つのブランドから選べる
・還元率が1%とクレジットにも引けを取らない還元率
・楽天銀行をもっていなくてもデビットカード申し込み時と同時に開設してくれる
・アプリで簡単に利用状況や残高が確認できる

 

 

第2位 イオンデビットカード

イオンデビットカードの画像

海外事務手数料1.60%! ※審査が必要

年会費 無料
貯まるポイント WAON POINT
発行条件 18歳以上
銀行名 イオン銀行
還元率 0.5%~1.00%
国際ブランド VISA
海外事務手数料 1.60%
不正利用補償額 発生した損害額全て補償

 

※原則として還元率は0.5%、イオングループ対象店舗の決済で1%

・海外事務手数料が最安値の1.60%
・専用アプリで利用状況を確認できる
・不正利用の損害を全て補償しれくれる

第3位 「Sony Bank WALLET」

 

ソニーデビットカードの画像

 

海外事務手数料1.79%

年会費 無料
貯まるポイント キャッシュバック
発行条件 15歳以上
銀行名 ソニー銀行
還元率 0.5%~2.0%
国際ブランド VISA
海外事務手数料 1.79%
不正利用補償額 1日当たりの利用限度額の範囲内で補償

 

※ポイント還元率については優遇プログラム「CLub S」のステージに応じて、利用金額の0.5%~2.0%がキャッシュバックされる。

・海外事務手数料が最安値のイオン銀行に次いで1.79%
・ソニー銀行を開設していなくてもデビットカード申し込み時と同時に開設してくれる
・専用アプリで利用状況が確認できる
関連記事

この記事では、カリビアンコムへの登録手順だけについて解説するだけでなく大事なポイントや用意するものなども併せて解説しています。   本記事を読んでいただければ、カリビアンコムへの登録がスムーズに行えるだけではなく、大事[…]

記事のアイキャッチ画像
関連記事

この記事では、カリビアンコムへの登録手順だけについて解説するだけでなく大事なポイントや用意するものなども併せて解説しています。   本記事を読んでいただければ、カリビアンコムへの登録がスムーズに行えるだけではなく、大事[…]

記事のアイキャッチ画像